ブログトップ

nanana菜noHana

nanana3.exblog.jp

輝き。


普段となんら変わらない表情で

普段と同じように言葉を交わし

小言を言ってみたり

見つからないように笑いをこらえたりする。


普段通り仕事が進んでいた中で

頭が痛いの

そうポツリと言った彼女。


この部屋新鮮な空気が必要だよね

などと言い返しているうちに

そんな空気や体調の問題でないことが感じられ

ただただ時間がやってくるまで

ハグをし続けた。



f0210360_3364572.jpg




怒り 悲しみ 苦しみ

どう動けばよいのかさえ分からないような

そんな問題を抱えている人が

自分と全く同じ気持ちでいる人が

まさかこの場所にいただなんて。


一般の職業の何倍もの速さで

"終わり"がやって来る世界なのだから

"限られた数"しかない中で自分の居場所を

自分の輝ける場所を掴まなければいけないのだから


そう、だから私は私達はいつも崖っぷち。


だからこそその"輝き"を

その"輝こうとする力"を消してしまうような

そんな状況をどうか

どうかお願いだから生まないでほしい。


その人その人の未来が開けていくように

先へつなげられるように

大きな大きな気持ちでいてほしい。




明日またいつもの笑顔で

いつもの冗談交じりの会話で

1日を迎えられますように。


(コメント欄、今日はお休みいたします。いつも訪問、コメントありがとうございます。)
by nananananohana | 2012-03-07 05:39 | つぶやき
<< 3月8日。 レモネード。 >>